リサイクルトナーと純正品との違い

リサイクルトナーを使用することを考えているときには、純正品との違いをよく理解してから使う必要があります。純正品と全く変わらずに値段だけが違うとなれば誰もがリサイクルトナーを使うことになるわけですが、実際にはそうではありませんから、違いを理解して使わなければなりません。大きな違いとしては品質の差があり印刷品質、トナーとしての品質がリサイクルトナーは純正品と比較をして劣るものとなっています。そのため、リサイクルトナーを利用するときには品質面の差を受け入れることができるかどうかということが、重要なところとなってきます。この違いを理解しないままに安さだけに飛びついて選んでしまうとあとでトラブルが起きてしまうこともあるので、十分に注意をしましょう。

印刷品質が純正品と比較をして見劣りをする

リサイクルトナーが純正品と比較をして劣る部分としては、印刷品質が見劣りしてしまうという点にあります。どの程度差があるかは製品によって変わってくるので一概には言えませんが、どれだけ高品質なものであっても純正品にはかないません。それでは大きく印刷品質が見劣りするかというとそういうわけでもなく、文章主体の書類を印刷する場合などにはその差を感じられないということも少なくありません。あるいは高精細を求められない簡単な図などを印刷する場合にも差があることはわかっても、大きく見劣りをするというケースはそれほどありません。ただし、高精細の写真のようなものを印刷することになると純正品との差が大きくなることもあるので、このような用途で使うときには注意が必要です。

製品に信頼性が純正品と比べて劣る

純正品というのはその機器にあったセッティングとなっているので、その機器に取って最適な環境で動作をすることができます。それに対してリサイクルトナーというのはあくまでも社外メーカーが作り出したものですから、機器にとって最適な環境となるとは限りません。そのため、印刷ができないと言ったトラブルなどを引き起こしたりする可能性も無いわけではありません。元々トナーはデリケートなものなのでリサイクル品は不良品が発生しやすいものとなっているため、いざという時に使うことができないという可能性があることを注意しなければなりません。トナーが使い物にならないのは保証によって交換をしてもらうことができますが、トナーが原因で機器が壊れてしまった場合、メーカーからの保証がなくなってしまうなどのリスクがあるので注意が必要です。