リサイクルトナーを選ぶメリットとデメリット

リサイクルトナーには長所も短所もあるので利用をする前には、しっかりと理解をしておく必要があります。長所としては、費用がとにかく安いということです。コストが大きく削減することができるので安いというのは、他の短所を補って余りあるだけの大きな魅力となっているためコスト削減を目論んでリサイクルトナーを使ってみようというケースは非常に多いものです。短所としては純正品と比較をして品質面が劣るというものがあり、印刷品質が劣るばかりか不良品率も高いものとなっているためいざという時に使い物にならないという可能性があります。更に故障の原因になってしまう可能性というのもゼロではないので、万が一のトラブルを想定すると少し使いづらいのが大きな欠点となっています。

安さが最大の魅力であるリサイクルトナー

リサイクルトナーは何と言ってもその安さが大きな魅力であり、他の短所を吹き飛ばしてしまうぐらいの利点がります。トナーというのは非常に高価なものであるため、大量の印刷をする企業などにとっては決して無視をすることが出来ないぐらいのコストとなってしまいます。しかし、リサイクルトナーを使用することによってかかる費用を半分以下に抑えることも可能となっているのです。価格はメーカーによっても異なってくるので一概にいくらぐらいになるというものはありませんが、純正品と比較をして半分以下、三分の一以下あるいはそれよりも安いということもあるためトナー代を大幅に安くすることができます。経費削減が求められる現代では、これだけ大幅に安くすることができるというのは非常に魅力的なものとなっています。

品質面に問題がある可能性が欠点

リサイクルトナーの欠点としては純正品ではないので、品質面で純正品と比較をして劣ってしまうというものがあります。どの程度劣るのかは製品によっても変わってきますが、どれだけ優れたリサイクルトナーであっても純正品には及びません。印刷品質をそれほど重視しないのであれば問題となる部分ではありませんが、問題があるケースとしては不良品率が高くなってしまうというものです。トナーというのは非常に繊細なものであるため、リサイクルをするとどうしても不良品率が高くなってしまうので、はずれを引いてしまう可能性があるということです。保証はあるので交換をしてもらうことはできますが必要な時に、トナーの不良で印刷ができないとなっては企業からすると使いづらいものです。また、トナーが原因で機器が故障をしてしまった場合の補償の問題といった欠点もあります。